各メーカーのモンキー125用フロントキャリア比較【積載アップ】

カスタム

モンキー125用のリアキャリアは多くのメーカーから発売されております。

しかし、フロントキャリアはかなり種類が少なく、現状では3種類しかありません。

この記事では、各メーカーから発売されている、モンキー125用フロントキャリアを比較しました。

モンキー125にフロントキャリアをつけようと思っている

方の参考になればと思います。

Gクラフト

Gクラフトから発売されているフロントキャリアです。

色はシルバーで、ステー部分がブラックとなっています。

材質はキャリア部分がアルミで、ステー部分はスチールとなっており軽量です。

メーカー推奨の耐荷重は1kgです。

同メーカーのリアキャリアと同じデザインでかっこいいですね。

Gクラフト製のリアキャリアを使っている方は、フロントもGクラフトで統一すると良さそうです。

価格は¥12,000程度です。

  • 色はシルバーが良い。
  • Gクラフト製のリアキャリアを使っている。
  • 軽い方が良い。

といった方はGクラフト製のキャリアがオススメです。

H2C

H2Cから発売されているフロントキャリアです。

色は艶消しのブラックで、材質はスチールとなっています。

メーカー推奨の耐荷重は1.5kgで、Gクラフト製より少し大きいです。

全てスチール製ですので、Gクラフトのキャリアよりは重くなっています。

レーザーカットにてH2Cのロゴが入っているところは好みが分かれそうですね。

こちらもH2C製のリアキャリアと同じデザインです。

フロント、リアキャリアを同じメーカーで揃えるとスタイルがまとまりそうです。

価格は¥8,000程度と安いです。

  • 色はブラックが良い。
  • 少しでも積載が大きい方が良い。
  • コスパ重視。

といった方はH2Cのキャリアがオススメです。

H2C KITACO

最後にH2C KITACOから発売されているフロントキャリアです。

色はブラックで価格は¥12,000程度です。

こちらは出ている情報が少なく、材質や耐荷重などは不明です。

他の2種類と比べて独特のデザインとなっています。

このデザインが気に入った。

という方以外は、他のメーカーのものがいいかと思います。

SP武川(2021年10月追記)

SP武川からもフロントキャリアが発売されました。

シンプルなデザインキャリアの面積が割と広めです。

材質は記載されていませんが、見た感じスチールっぽいですね。

メーカー推奨の耐荷重は1kgです。

荷物を縛るゴムロープが付属しており、キャリアにはTAKEGAWAのロゴが入っています。

価格は¥12,000程度です。

  • 色がブラックが良い。
  • キャリアの面積が広い方が良い。
  • シンプルなデザインが良い。

といった方はSP武川のリアキャリアが良いと思います。

まとめ

モンキー125のリアキャリアはたくさん発売されておりますが、フロントキャリアは非常に種類が少ないです。

H2C KITACOは情報が少なく不安ですので、実質2種類から選ぶことになります。

個人的には

  • シルバーのリアキャリアをつけている方はGクラフト
  • ブラックのリアキャリアをつけている方はH2C

といった選び方が無難かなと思います。

(2021年10月追記)

SP武川からもリアキャリアが発売され、選択肢が増えました。

このようにモンキー125はカスタムパーツが豊富に出てくる点も魅力です。

フロントキャリア取付後にバスケットを付けたい方は、ホンダ純正のこちらがオススメです。

モンキーのロゴ入りで可愛いです。

以上、フロントキャリア選びの参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント