モンベルのダウンジャケットを修理。かかった費用は3200円!

雑記

冬に愛用しているモンベルのパーマフロストダウンパーカー

とても軽く暖かいので気に入って使っていましたが、コンクリートの壁にこすって穴が空いてしまいました。

今回は、モンベルの店舗に持ち込んで修理をしてもらいました。

この記事では、実際に掛かった費用や、修理の出来栄えを紹介していますので

モンベルのダウンを修理しようと思っている方

の参考になればと思います。

穴が空いた箇所

穴が空いた箇所は写真の赤丸のところです。

写真では分かりづらいですが、2mm〜3mmくらいの穴が空いています。

せっかくのゴアッテクス生地なのに、この小さい穴から雨粒や風が侵入してきたら嫌ですので、修理に出すことにしました。

モンベルの店舗に持ち込んで修理依頼

モンベルでは様々な製品の自社修理を行なっています。

修理の流れなどはモンベルのホームページに記載があります。

郵送でも修理を依頼することはできますが、往復の送料は自己負担となります。

近くにモンベルの店舗がある方は、直接持ち込むことをオススメします

修理サービスのご案内(モンベル)
ご愛用の製品を長くお使いいただくために—。

ホームページに修理例がいくつか載っています。

今回のダウンジャケットの場合、修理の金額は1,400円くらいかなと予想して店舗に持ち込みました。

https://support.montbell.jp/common/system/information/disp.php?c=7&id=69 より引用

実際に店舗に持ち込んで見てもらった結果、金額は3,300円ほど、期間は3〜4週間の予定ということでした。

予想よりも高くなった理由ですが、穴を塞ぐのではなく、穴が空いている生地ワンブロックごと交換するからとのこと。

少し高いと思いましたが、そのまま修理をお願いすることにしました。

掛かった費用、期間、修理の出来栄えは?

店舗にダウンジャケットを預けてから2週間ちょっとで連絡が来ました。

費用は3,200円でした。

金額は見積もりとほぼ同じで、期間は早かったです。

修理の出来栄えはこの通り。

どこを修理したのか分からない、キレイな仕上がりです。

赤の枠で囲ったブロックを貼り替えてもらってます。

遠目からだと全く分からないですが、近くで見ると生地を貼った跡が分かります。

修理した箇所は、本人でないとまず分からない仕上がりです。

まとめ

今回は、モンベルのダウンジャケットの修理についてご紹介しました。

予想よりも高くついてしまいましたが、出来栄えも非常にキレイで満足です。

店員の方の説明も丁寧で、納得して修理に出すことが出来ました。

モンベルはアフターサービスがとても良く、気に入った製品を長く使うことができる点も大きな魅力です。

パーマフロストダウンパーカーはとにかく軽くて暖かいので、今後も大切に使用したいと思います。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント