新型モンキー125は何が変わったのか?旧型オーナーが気になる点を比較してみた

コラム

2021年9月27日、ホンダが新型モンキー125を発売しました。

5速トランスミッションを採用した新エンジンが搭載されており、その他に細かい変更点があります。

この記事では、

  • 新型モンキー125は何が変わったのか?
  • 旧型オーナーから見て気になる箇所はどこか

といった内容を紹介します。

見た目の変化

まずは新型と旧型で見た目の変化から見ていきます。

旧型
新型
旧型
新型

パッと見てまず気付くのがタンクのデザインですね。

旧型はホワイトと上下直線でのツートンカラー

新型はシルバーとのツートンカラー

タンクの形は同じでどちらもツートンですが、一目で新型が旧型か分かるデザインの変化です。

また、フレーム等の色も変更箇所があります。

車体色レッドを選んだ場合、

旧型は

フレームスイングアームヘッドライトステーレッド 

ホイールはシルバー

新型は

上記4箇所全てブラック

となっております。

新型はコスト面から全てブラックに変更されたと思いますが、これはこれで締まった感じがしてカッコいいです。

また、目立たないところですが、新型はリアサスが不等間隔スプリングに変更されています。

大きな見た目の変化ではないですが、個人的には新型の不等間隔スプリングの方が好みです。

見た目の変化の感想を言うと

旧型はカラフルでモンキーらしく可愛らしい

新型はブラックが多くなり少し締まったカッコいい感じ

といったイメージを持ちました。

どちらも甲乙つけ難い良いデザインです。

5速MTの新エンジン

見た目の変化の次は、メインの5速MT新エンジンについて比較していきます。

平成32年の排ガス規制に対応した新エンジンで、排気量は旧型より1cc落ちた123ccとなっています。

この新エンジン、排気量は1cc落ちているのに、馬力やトルクは旧型と変わらずに5速化となっています。

旧型のオーナーとしては、4速で走っていても左足でクイっと幻の5速にシフトアップしてしまうことが多々あるので、5速化は羨ましいです。

5速化の恩恵か、カタログ燃費も旧型67.1から新型70.0と向上していますね。

走っている道に適切なギアを選ぶことで、燃費向上に繋がるためだと思われます。

個人的な感想としては

5速化とオイルフィルター追加が良い!

の一言です。

特にオイルフィルターの追加は良いですね。

小排気量なのでエンジンは高回転で回しがちで、オイルの汚れが気になります。

旧型にも欲しかったです。

気になるほどではない細かい変更点

その他細かい変更点は多々ありますが、あまり気になるものは無かったので軽く紹介します。

  • サイレンサーの触媒が少し小さくなっている。
  • エンジンの見た目が変わった。
  • 日本ではイエローが未発売。(そのうち発売されると思ってます。)
  • 重量が3kg軽くなった。(触媒が小さくなった影響?)
  • ホイールベースが10mm短くなり、シート高1mm高くなった。

まとめ

旧型モンキー125のオーナーが気になる点を上げてみました。

価格据え置きで5速化、オイルフィルター付きの新エンジン。

デザインは好みが分かれると思うがどちらも良い。

排ガス規制対応で燃費アップと環境にも優しくなった。

よっぽど新型の配色が嫌いじゃない限りは、基本的に新型モンキー125は良い点しかないと思いました。

正当に進化した良いバイクだと思います。

以上、最後までご覧いただき、ありがとうございました。

細かいスペックについては公式ページをご確認ください。

新型モンキー125

Monkey125 車種カタログ
台形フューエルタンク・タックロールシート・アップマフラーなど“Monkey”らしさをそのままに、新設計123ccエンジン+5速ミッション搭載で走りもパワーアップした新しいモンキー125。

旧型モンキー125

新型の原付二種レジャーモデル「モンキー125」を発売
本田技研工業の広報発表ニュース - Hondaは、コンパクトで愛らしいスタイリングと、走る楽しさを広げた原付二種のレジャーモデル「モンキー125」を7月12日(木)に発売します。

コメント

  1. 774rr より:

    はじめまして、モンキー125のオイルフィルター交換時期は初回13,000km、以後12,000km毎なのであっても無くてもあまりかわらないかと思います。