【2022年版】モンキー125におすすめのバッテリーまとめ【純正から交換】

メンテナンス

乗り方によって大きく変わりますが、バイクのバッテリー寿命は2〜3年と言われています。

この記事では、モンキー125のバッテリー交換にあたり、各メーカーから出ているおすすめのバッテリーを紹介します。

  • モンキー125のバッテリーを交換しようと思っている。
  • 購入するバッテリーの種類を迷っている。

といった方はぜひ参考にされてください。

純正

まず初めに純正バッテリーから見ていきます。

買った時についている純正のバッテリー

台湾ユアサYTZ5S(12V,3.5Ah)です。

台湾ユアサとはGSユアサの関連会社で、タイで生産されたバッテリーです。

GSユアサ製よりは品質は落ちますが、低価格で購入することができます。

価格は約¥8,000〜9,000で販売されているようです。

  • 純正と同じものが良い
  • 安すぎるバッテリーは心配

という方におすすめのバッテリーです。

高品質

より高品質なバッテリーが安心という方には、GSユアサ古河電池がおすすめです。

バッテリーといえばGSユアサですね。

バイク用バッテリーの世界シェアナンバー1品質は間違いありません。

古河電池もGSユアサと並ぶ国内有名メーカーで高品質なバッテリーです。

バッテリーはものによって当たり外れがあると言いますが、この2メーカーであれば安心して購入することができます。

  • 価格は高くても良い
  • 国内のメーカーが安心

という方におすすめです。

低価格

バッテリーは液漏れ膨張発煙の危険もあります。

あまりにも安すぎるものは怖いのでおすすめできません。

低価格のバッテリーを使うなら、個人的にはこの辺のメーカーかなと思います。

値段は¥4,000〜6,000程度で、純正の台湾ユアサ製よりも低価格です。

  • 純正より安いバッテリーを探している
  • 最高品質のバッテリーでなくても良い

という方には、以下のバッテリーたちがおすすめです。

リチウムイオン

鉛バッテリーをご紹介してきましたが、リチウムイオンバッテリーについても少しご紹介します。

昔より価格が下がってきており、最近はリチウムイオンを使っている方も多いようです。

リチウムイオンバッテリーは、鉛バッテリーと比較して以下のようなメリットがあります。

  • 軽量でコンパクト
  • 長寿命(鉛バッテリーの1.5〜2倍)
  • 自己放電が少なく、長期間乗らなくてもバッテリーが上がりにくい

少しでも軽量化したい

バイクにあまり乗らないので自己放電でのバッテリー上がりが心配

といった方には相性が良いバッテリーです。

一方でデメリットもあります。

  • 高価格(最近は徐々に安くなってきている)
  • 極端な高温・低温に弱い
  • 過充電・過放電に弱い

リチウムイオンバッテリーは、上記のメリット、デメリットを考えて購入されると良いと思います。

まとめ

今回はモンキー125におすすめのバッテリーをご紹介しました。

余裕がある方は普通にGSユアサにしておけば間違いないかと思います。

コスパを重視してデイトナマキシマあたりのメーカーを選ぶか、リチウムイオンバッテリー化するのかは個人の使い方次第ですね。

ドラレコや電熱ウェアなどを使用していて消費電力が心配な方は、1つ大きいサイズのYTX5L-BS等に交換するのもいいかもしれません。

以上、少しでも皆様のバッテリー選びの参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント